経営理念

杉孝社員の基盤となる理念をご紹介します

全員幸福・最強会社・上質即利・現状打破

全員幸福目的

「全員」とは、杉孝に関わるすべての利害関係者のことです。
会社には、お客様をはじめ、社員・協力業者の皆さんとその家族、地域、
仕入先、金融機関を含む会社、そして株主、と様々な人達が関わっています。
会社がつぶれるということは、就労の場が無くなる、
取引すること(サービスを受けること)で利益が出ている人には迷惑が掛かる、
税金が納められないなどの問題が発生します。
【全員幸福】のためには、【つぶれない会社】を作ることが重要なのです。

最強会社目標

【つぶれない会社】=【最強会社】です。
【最強会社】の定義として、
1.売上高伸び率業界平均3 倍以上(より多く売れる)
2.利益率業界平均3 倍以上(より多く儲けを出す)
3.売上高対比借入金比率業界平均1/3 以下(少ない借金で利益を生む)
という数値を設定しています。
レベルの高い数値目標ですが、実現可能であると信じています。

上質即利考え方

【最強会社】になるためには【上質即利】の考え方が大事です。
【利】はお客様の利益を指しています。
まずお客様に利益をあげていただかなければ、
杉孝に利益がまわってくるわけがありません。
お客様から利益を還元していただくためには、
上質な商品・サービスを提供することが重要です。
もちろん【上質】であるかどうかを決定するのは唯一お客様なのです。
今日上質なものが明日も上質であるという保証はありません。
このことを社員全員が認識する必要があります。

現状打破行動

商品・サービスはさらなる上質なものへと常に変革し続けなければなりません。
変革とは【現状打破】なのです。
【現状打破】する際に最大の問題点は“現状打破派” は常に少数派であり
“現状維持派” が常に大多数を占めていることです。
しかし、一歩一歩諦めずに、地道に一人ひとりを説得しながら
変革し続けなければなりません。
少数だから…、パワーがないから…といって諦めてはいけないのです。
続けていればいつか多数派になります。
それにより初めて【現状打破】が進むのです。