これまでの歩み

1953年の「杉孝商店」創業から、
建設足場と向き合い続けた歴史をご紹介します。

1953

神奈川県川崎市にて
「杉孝商店」創業。

竹材加工品、足場丸太、
足場板の販売を開始

丸太足場時代

1955

有限会社杉孝商店を設立

有限会社杉孝商店

1972

株式会社杉孝に社名変更
足場機材レンタルを開始

「鹿島営業所」「鹿島機材センター」「川崎営業所」開設を皮切りに関東、中部、東北、関西各地へ営業所・機材センターを開設(2016年現在、営業所 17ヶ所/機材センター 20ヶ所)

鹿島支店
市原機材センター
杉孝トラック

1978

アルミ足場板のレンタルを開始

アルミ足場板

1979

川崎市川崎区渡田向町に本社ビル(現・杉孝ビル)を竣工

2004

「都市緑化事業部」開設

2007

「足場安全コンサルティング部」開設
安全教習や現場の意識向上への
取り組みを開始

危険体感訓練

2008

横浜市神奈川区金港町に
本社を移転

本社ビル

2010

「富津機材センター」が
一般社団法人仮設工業会より
「機材管理モデル工場」に認定される

機材管理モデル工場認定証

2011

「四日市機材センター」が
一般社団法人仮設工業会より
「機材管理モデル工場」に認定される

2012

株式会社杉孝グループ
ホールディングス設立
「杉孝」から「SUGIKO グループ」へ

SUGIKOグループ

2012

「杉孝ベトナム有限会社」設立

杉孝ベトナム有限会社

2015

「杉孝マレーシア株式会社」設立

杉孝マレーシア開所式

2015~2016

横浜マラソン2015、2016に協賛

社会貢献、地域貢献活動の一環で給水ボランティアとして大会をサポート

2016

都市緑化専門会社「杉孝メトログリーン」設立

杉孝メトログリーン

2017

杉孝グループホールディングス
杉孝 本社を移転

本社ビル

2019

株式会社杉孝グループホールディングスが
ナカキンリース株式会社の全株式を取得し、
完全子会社化。

ナカキンリース株式会社
そして、杉孝は
さらなる成長のステージへ。